活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. ウェビナーシリーズ

SVJP Webinar #6 : 日本をデジタル化する「11の大改革」

会員限定
Speaker
アンドレス・ナランホ Andres Naranjo
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー
1999年にソフトウェア企業「Colexpo」を起業し、2004年に売却。プライスウォーターハウスクーパースのアドバイザリー部門などを経て、2010年にマッキンゼーに入社し、2017年より現職。産業機器、建物設備、自動車メーカーなどのクライアントに対し、戦略、RTS、デジタルの分野でコンサルティングを提供してきた豊富な実績を有する。2020年に東京オフィスに異動し、在日米国商工会議所と共同で作成されたレポート『2030日本デジタル改革』を取りまとめた。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。
Speaker
塩田 嘉成 Yoshishige Shiota
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー
米東部の名門ボーディングスクールで学び、東京大学経済学部を卒業後に、マッキンゼーに入社。2019年より現職。主に日本の製造業やサービス業、インフラ系のクライアントに対し、新規事業立ち上げからデジタル戦略策定、組織設計・実行まで幅広く支援する。東京オフィスでは、新規事業部門(Leap by McKinsey)のリーダーの一人。その他、APACの新規事業部門や、日本のIoT部門、SCM部門のメンバーとしても活躍する。
Moderator
ジョン・シャロウィッツ Jon Shalowitz
  • SVJP プレジデント
日本の「デジタル通信簿」最初に登壇したナランホ氏はまず、日本は世界第3位の経済大国でありながら、多くのデジタル指標面で他国に後れを取っていると指摘し、その現状についてスライドを用いて示した(

続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン
   
12