活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. エグゼクティブ・ラウンドテーブル

SVJP Top Executive Roundtable #4: スタンフォード大学の取組みに見る「メドテックの未来」

会員限定
Speaker
ロイド・B・マイナー Lloyd B. Minor
  • スタンフォード大学 医学部長 元ジョンズ・ホプキンス大学 プロボスト兼教務担当副学長
米アーカンソー州出身。外科医、医学者、教育者。ブラウン大学で生物学を学び、医学士(MD)を取得。デューク大学やシカゴ大学の研修医などを経て、1993年にジョンズ・ホプキンス大学の耳鼻咽喉科・頭頸部外科の教授に就任。2009年より同大のプロボスト(筆頭理事)兼教務担当副学長として教育のイノベーションなどを推進。2012年より現職として、医療事業戦略を統括する傍ら、耳鼻咽喉学、神経生物学、生物工学の教授も務める。医学者としては、1998年に世界で初めて上半規管裂隙症候群の臨床研究を報告。またメニエール病の研究における功績が認められ、2010年にProsper Meniere Societyの金賞を受賞。全米医学アカデミー会員。11歳から始めたチェロはプロ並みの腕前。著作に『Discovering Precision Health』(未邦訳)がある。
Moderator
近藤 正晃ジェームス James Kondo
SVJP 共同議長 アジア・パシフィック・イニシアティブ 専務理事 国際文化会館 理事長
メガテック企業が医療分野へ参入アップルウォッチを使って不整脈の一種である心房細動(AFib)を検知できるか――。2017年と18年、そんな奇想天外な実験「Apple Heart Study」

続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン
   
12