活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. マンスリー Benkyokai

5月 Benkyokai: Journey Into Innovation: Japanese Large Language Models

Speaker
橋本龍範 Tatsunori Hashimoto
  • スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部助教授
スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部助教授。大規模言語モデルや機械学習システムの信頼性と強度を高めるアルゴリズムや手法を研究。
米国科学アカデミーのカヴリフェローやソニー研究賞受賞者として認められ、ICMLやCHIで最優秀論文賞を受賞。助教授になる前は、マサチューセッツ工科大学でコンピューターサイエンスの博士号を、ハーバード大学で統計学の学士号を取得。
Moderator
大柴行人 Kojin Oshiba
  • Robust Intelligence 共同創業者 
サンフランシスコを拠点にAIリスクを能動的に軽減する製品を開発するスタートアップ、Robust Intelligenceの共同創業者である。同社はセコイア・キャピタルとタイガー・グローバルを中心に総額6,000万ドルを調達し、JPモルガン・チェース、米国防総省、デロイト、東京海上、NEC、Zホールディングスなどの大手企業からも信頼を寄せられている。
ハーバード大学でコンピューターサイエンスの学士号を取得。また、ロバスト機械学習に関する複数の論文を執筆し、トップAIカンファレンスにて採択されている。2023年のフォーブス誌「30アンダー30(30代以下の30人)」に選出された。
2022年11月にOpenAIのチャットボットChatGPTがリリースされて以来、大規模言語モデル(LLM)によるAIアプリケーションへの期待は急速に高まっています。現在では、メールの下書き

続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン