活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. リトリート

2017年度SVJPシリコンバレー・リトリート報告

会員限定

第2回目となる今年は、9月21日−24日にシリコンバレーおよびハーフムーンベイにて開催された。今年は現地企業を訪問するサイト・ビジットもプログラムに加え、より充実した内容となった。セッション会場は、昨年のナパバレーから、サンフランシスコの南に位置するオーシャンフロントのリゾートホテル、The Ritz-Carlton Half Moon Bayに場所を移し、太平洋を臨む開放的な環境で、シリコンバレーの第一線で活躍するリーダーたちの話を聞き、活発に議論し、また、参加者同士、交流を深めた。今年は、日米両国から企業トップを中心に昨年を上回る約60人が参加した。

今回のプログラムでは、初日のサイト・ビジットでグーグルの極秘研究開発所「X」、テスラの電気自動車工場、そしてd.school(スタンフォード大学デザインスクール)という、シリコンバレーを語る上で欠かせない3つのイノベーションセンターを視察した。現場責任者による案内の元、シリコンバレーの強さの源泉がどこにあるのかを探った。

また、2日目からは、「人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)」「フィンテック」「アントレプレナーシップ」「サイバーセキュリティ」など、1日半かけて7セッションを設け、デジタル時代の最重要トレンドについて見識を深めた。

メインプログラムの他に、ネットワーキングランチやディナーでは、日本からの参加者のみならず、シリコンバレーで活躍するリーダーたちとの交流も活発に行われた。また、VR/ARを使った教育サービスを提供するzSpace社による特別デモなども会員限定で行われ、最先端技術の応用事例を体験した。

続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン
   
1234