活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. マンスリー Benkyokai

2021年1月Benkyokai:サイバーセキュリティの最新動向と日本の課題

会員限定
Speaker
クレア・ヴィシク Claire Vishik
AT&T研究所の主任研究員などを経て、2006年にインテルにシニア・ディレクターとして入社。2020年より同社フェロー兼GMT(政府・市場・通商)担当のCTOを務める。AIやサイバーセキュリティ、トラステッド・コンピューティング、プライバシー保護、応用暗号化技術などに精通し、20以上の特許を保有。業界団体トラステッド・コンピューティング・グループ(TCG)の理事、米国電気電子学会(IEEE)のブロックチェーン分科会共同委員長のほか、多くの国際研究や政策プログラムのアドバイザーを務める。テキサス大学オースティン校で博士号取得。
Speaker
松原 実穂子 Mihoko Matsubara
  • NTT チーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務し、フルブライト奨学生として米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得(国際経済・国際関係)。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)の研究員として勤務。帰国後、日立システムズでサイバーセキュリティのアナリスト、インテルでサイバーセキュリティ政策部長、パロアルトネットワークスのアジア太平洋地域における公共担当の最高セキュリティ責任者兼副社長を経て、2018年7月より現職。著書に『サイバーセキュリティ:組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス』がある。
Moderator
ジョン・シャロウィッツ Jon Shalowitz
  • SVJP プレジデント
本勉強会では、ヴィシク氏がまず今日のサイバーセキュリティ対策の現状やジレンマについて問題提起を行い、続いて松原氏が東京五輪を迎える上で日本が抱える諸課題を分析した。ヴィシク氏が考える「4つの

続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン
   
12