活動概要

  1. コーポレート・プログラム
  2. マンスリー Benkyokai

2022 年6月Benkyokai:サイバーセキュリティとリスクマネジメント − 進化する情勢に対応するために

会員限定
Speaker
マット・ホネア Matt Honea
  • Head of Security, SmartNews
マット・ホネアは、世界中にオフィスがあり、本社が渋谷区にあるスマートニュース社のセキュリティ責任者。以前は、カリフォルニア州サンマテオにあるGuidewire Softwareでサイバーセキュリティのシニアディレクターを務めていました。脅威インテリジェンス、ネットワーク防御、システムフォレンジックとディスカバリー、エンタープライズセキュリティ監査、マルウェア分析、物理セキュリティの分野で幅広く活躍しています。 また、サイバーセキュリティとサイバーリスクの分野における講演者、著者であり、Silicon Valley Business Journal の 40 歳未満の受賞者でもあります。
Moderator
ジェーン・モウ Jean Mou
  • Operating Partner, Impact Venture
カリフォルニア州メンロパークのImpact Ventureのオペレーティングパートナー。 ソフトウェアおよび消費者分野のシードステージ企業と密接に連携する投資家およびビジネスアドバイザーである。1989年から2002年まで、NetApp、Goldman Sachs & Co.、GE Healthcareでさまざまな役職を経験。 アリゾナ大学で電気工学の理学士号を取得し、シカゴ大学でMBAを取得。現在、スタンフォード経済政策研究所(SIEPR)の諮問委員会メンバー。

デジタル化やデジタルトランスフォーメーション(DX)が各企業や各国政府で推進されている一方で、同時に重要となってくるのはデジタル化された情報の漏洩や改ざんを防止するサイバーセキュリティだ。

SmartNewsのサイバーセキュリティー担当部長であるマット・ホネア氏は、企業のサイバーセキュリティーを家のセキュリティーに例えて説明してくれた。ドアに頑丈なロックをかけたとしても、泥棒は窓あるいは裏口から侵入してくるかもしれない。したがって、リスクを軽減させるには家全体を眺めて適切な場所にセキュリティーを設ける必要がある。

今回のBenkyokaiでは、同氏は主に日本のサイバーセキュリティーとリスク管理に関して解説してくれた。


続きはSVJP会員のみ閲覧できます

既存ユーザのログイン