共催団体

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ

理念と目的

アジア太平洋の平和と繁栄を追求し、この地域に自由で開かれた国際秩序を構築するビジョンを描くために提言・発信すると同時に、次世代リーダーの発見と育成と協働をめざし、日本社会ならびにアジア太平洋地域の健全な発展に資することに貢献する。
以下、事業目的である。

  1. 政策課題及び戦略等に関する調査研究
  2. 政策課題及び戦略等に関する広報、会議開催
  3. 日本社会を率いる人材の教育
  4. 調査研究、政策提言及び人材育成等を実現するための国際交流
  5. 調査研究、政策提言及び人材育成等に対する助成
  6. その他この法人の目的を達成するために必要な事業
代 表 者 代表理事 船橋洋一
所 在 地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1
アークヒルズフロントタワーRoP 11 階
電話番号 03-5545-6733
WEB https://apinitiative.org/
法人形態 一般財団法人 (非営利型)
設 立 日 2011年9月20日
  • 船橋 洋一

    一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長
    元朝日新聞社主筆
    東京大学教養学部卒業。1968年朝日新聞社入社。北京特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て2007年~2010年12月朝日新聞社主筆。1986年に外交・国際報道でボーン・上田記念賞を受賞。1994年にクリントン米大統領への単独会談で日本記者クラブ賞受賞。2011年9月独立系シンクタンク「日本再建イニシアティブ」設立。2017年7月、拡大改組のため、一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブに名称変更。
    著書に『内部-ある中国報告』(サントリー学芸賞)、『通貨烈烈』(吉野作造賞)、『アジア太平洋フュージョン』(アジア太平洋賞大賞)、『同盟漂流』(新潮学芸賞)、『ザ.ペニンシュラ.クエスチョンー朝鮮半島第二次核危機』、『カウントダウン・メルトダウン』(大宅壮一ノンフィクション賞)、『原発敗戦』。近著に、『「湛山読本」いまこそ、自由主義、再興せよ。』2016年2 月17日ショレンスタイン・ジャーナリズム賞を日本人として初受賞。

米日カウンシル (USJC)

概要

米日カウンシルは、日米関係の強化に貢献すべく、太平洋両岸の多様なリーダーを結集し、ステークホルダーとの交流の場を提供すると共に、コミュニティーと政財界にとって有益な課題に取り組む、教育的非営利団体です。米日カウンシルは、国際的なネットワークを育み、様々な組織や団体の協力のもとプログラムを展開し、メンバーが日米の当該パートナーと触れ合う場を設けます。米日カウンシルは2009年に設立され、ワシントンDC に本部を置き、カリフォルニアと東京にスタッフを置いています。

2012年には、TOMODACHI イニシアティブを支援するため、米日カウンシル-ジャパンが設立されました。2013年には公益財団法人に認定された米日カウンシル-ジャパンは、東京を本部としています。

なぜ日米関係なのか

日米関係は、今でもアジア太平洋地域で重要かつ基本的な役割を果たし続けています。日米間のパートナーシップは経済成長の原動力であり、両国間の安全保障同盟は同地域における平和と安定を維持しています。革新性、弾力性といった共通の価値観をもとに築かれた現代の日米関係は、新しい協調分野を切り開きつつ、進化し続けています。

  • アイリーン・ヒラノ・イノウエ

    米日カウンシル会長
    TOMODACHI イニシアティブも運営する。全米日系人博物館の創設に携わり、20年以上館長を務めた。南カリフォルニア大学で公共行政学学士号と修士号、南メソジスト大学から名誉博士号を取得。非営利団体の運営、コミュニティー教育等、幅広い分野における経験に富む。フォード財団理事(前理事長)、クレスゲ財団理事(理事長)、ワシントンセンター理事、インディペンデントセンターの理事等の要職を歴任。夫は故ダニエル・K・イノウエ連邦上院議員。
お名前*
会社名*
お役職
電話番号*
E-mail*
お問い合わせ内容*