SVJPはシリコンバレーと日本を結ぶイノベーションプラットフォームです。

Mission

デジタル化の波が社会の隅々まで押し寄せ、あらゆる企業に大きな影響を及ぼしている。こうした環境変化を受け、世界の産業界をけん引する企業を多数有する日本と、世界で最も活力のあるテクノロジーのエコシステムを有するシリコンバレーの経済、政治、文化の各分野の連携が非常に重要になっている。
シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム(SVJP)は両地域の各分野のリーダーが交流するプラットフォームを提供し、イノベーションと活力を増大させるための触媒となりつつ、社会全体が技術革新を上手く取り入れながら成熟していくための一助となることを目指す。

シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム

Messages

  • ジョン ルースジオデシック・キャピタル ゼネラルパートナー、前駐日米国大使
    2008年に駐日米国大使として日本に着任した際に、こう申し上げました。「私の出身地であるカリフォルニア州のシリコンバレーには、不可能という言葉はなく、未来は現在と同義語です。日本にも同じような冒険の精神が息づいています。日米が協力すれば、達成出来ないことは何もありません。」と。大使としての4年間の任期を終えた後、その考えは益々、強まりました。日本とシリコンバレーのお互いに対する関心はかつてないほど高まっています。日本企業にとっては、今こそシリコンバレーとの信頼関係を築き、よりグローバルな企業へと進化する最高のタイミングであると確信しています。
  • 新浪 剛史サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長
    あらゆる「もの」がインターネットで繋がるIoTの時代。その大量の情報をいかに使いこなすかで、明日のグローバル競争の勝者は決まるといっても過言ではありません。IoTの世界的な競争を勝ち抜くために鍵となるのは、シリコンバレーとの連携です。IoTの技術革新の中心地であるシリコンバレーでは、IoTを駆使した様々なプロトタイプが日々生まれています。ただ、これらのプロトタイプの為には、日本のデザイン力、生産力、オペレーションの力が大きな競争力の源泉となります。「デジタル」と「もの」とが融合する IoT の時代だからこそ、シリコンバレーと日本は補完的なパートナーシップを構築しうるのです。そして、このチャンスを手にした企業こそが真にグローバル競争に勝ち抜くことができます。こうした大切な変革の触媒として、シリコンバレー・ジャパン・プラットフォームを応援しています。
  • 伊藤 穰一MITメディアラボ所長
    デジタル世界と物理世界の融合が深化している。例えば、製造・流通分野では、世界的なサプライチェーンの構築と共に、かつてないほど自動化・モジュール化が進んでいる。
    しかし、ハードウェアはソフトウェアより難しい分野であり、ソフトウェアで他地域を凌駕するシリコンバレーも苦戦している。これは、実は、ハードウェアを得意とする日本にとっては大きなチャンスでもある。
    シリコンバレーと日本の強みを掛け合わせることで、次世代のグローバル企業が出てくるのではないか、と期待している。
  • 藤森 義明株式会社 LIXIL グループ 相談役
    デジタル技術が急速に進化しAI、ロボット、IoTがビジネスモデルを大きく変革し今やグローバルベースで第4次産業革命が起きようとしている。この世界の流れに日本はついていけるのだろうか、いや世界をリードできる力を発揮できるだろうか? 既存のビジネスを改善させながらも新たなるDisruptiveなビジネスモデルを自ら発見するには世界で一番革新的な場所で感性を磨き学ぶことではないか。そこがシリコンバレーである。
  • ジョン ルースジオデシック・キャピタル ゼネラルパートナー、前駐日米国大使
    2008年に駐日米国大使として日本に着任した際に、こう申し上げました。「私の出身地であるカリフォルニア州のシリコンバレーには、不可能という言葉はなく、未来は現在と同義語です。日本にも同じような冒険の精神が息づいています。日米が協力すれば、達成出来ないことは何もありません。」と。大使としての4年間の任期を終えた後、その考えは益々、強まりました。日本とシリコンバレーのお互いに対する関心はかつてないほど高まっています。日本企業にとっては、今こそシリコンバレーとの信頼関係を築き、よりグローバルな企業へと進化する最高のタイミングであると確信しています。
  • 新浪 剛史サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長
    あらゆる「もの」がインターネットで繋がるIoTの時代。その大量の情報をいかに使いこなすかで、明日のグローバル競争の勝者は決まるといっても過言ではありません。IoTの世界的な競争を勝ち抜くために鍵となるのは、シリコンバレーとの連携です。IoTの技術革新の中心地であるシリコンバレーでは、IoTを駆使した様々なプロトタイプが日々生まれています。ただ、これらのプロトタイプの為には、日本のデザイン力、生産力、オペレーションの力が大きな競争力の源泉となります。「デジタル」と「もの」とが融合する IoT の時代だからこそ、シリコンバレーと日本は補完的なパートナーシップを構築しうるのです。そして、このチャンスを手にした企業こそが真にグローバル競争に勝ち抜くことができます。こうした大切な変革の触媒として、シリコンバレー・ジャパン・プラットフォームを応援しています。
  • 伊藤 穰一MITメディアラボ所長
    デジタル世界と物理世界の融合が深化している。例えば、製造・流通分野では、世界的なサプライチェーンの構築と共に、かつてないほど自動化・モジュール化が進んでいる。
    しかし、ハードウェアはソフトウェアより難しい分野であり、ソフトウェアで他地域を凌駕するシリコンバレーも苦戦している。これは、実は、ハードウェアを得意とする日本にとっては大きなチャンスでもある。
    シリコンバレーと日本の強みを掛け合わせることで、次世代のグローバル企業が出てくるのではないか、と期待している。
  • 藤森 義明株式会社 LIXIL グループ 相談役
    デジタル技術が急速に進化しAI、ロボット、IoTがビジネスモデルを大きく変革し今やグローバルベースで第4次産業革命が起きようとしている。この世界の流れに日本はついていけるのだろうか、いや世界をリードできる力を発揮できるだろうか? 既存のビジネスを改善させながらも新たなるDisruptiveなビジネスモデルを自ら発見するには世界で一番革新的な場所で感性を磨き学ぶことではないか。そこがシリコンバレーである。

Advisors

Back