Y Combinator Meetup in Tokyo
お名前*
会社名*
お役職
電話番号*
E-mail*
お問い合わせ内容*

2018年5月勉強会:ブロックチェーン導入の「成否」を決めるものは何か

昨今、ビットコインやブロックチェーンへの注目が高まっている。だが実際に導入に成功している企業の事例はまだ少ない。シリコンバレーの専門家2人が、ブロックチェーンについて企業経営者が知っておくべきポイントを明らかにした。

 

 

クリス・ファイナン

Speaker

クリス・ファイナン Chris Finan

Manifold Technology 共同創業者兼CEO

 

2000年に米空軍士官学校卒業後、空軍のパイロットおよび情報部員としてキャリアをスタート。イラク駐屯中には、情報部員およびイラク政府との連絡員を務めた。その後、国防長官府の特別補佐官などを経て、2011年にオバマ政権下のホワイトハウスでサイバーセキュリティ政策担当ディレクターに。2012~13年にアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)で、サイバー戦争に関する研究開発プログラム「Plan X」のプロダクト・ディレクターを務め、2013~14年にサイバーセキュリティのスタートアップ「Impermium」(Googleが買収)で事業開発部門を率いた。2014年にシリコンバレーを拠点とするスタートアップ、Manifold Technologyを共同創業し、CEOに就任。法人・消費者向けにブロックチェーン技術を用いたハイパフォーマンスのテクノロジーサービスを提供している。

 

 

ティム・スワンソン

Speaker

ティム・スワンソン Tim Swanson

Post Oak Labs 創業者兼リサーチ・ディレクター

 

市場調査、企業研修、異文化コミュニケーションなどを専門とし、中国や韓国など東アジアのビジネス教育現場で講師として6年以上の経験をもつ。2011年に市場調査コンサルタントとして独立し、中国ビジネス、ビットコイン、ブロックチェーンに関する3つの著作を執筆。2014~17年にブロックチェーン技術の開発会社であり、同技術に関する世界最大の金融機関コンソーシアムを率いる「R3 CEV」で市場調査ディレクターを務めた。現在はサンフランシスコのベイエリアを拠点とするテクノロジー・アドバイザリー企業、Post Oak Labsのリサーチ・ディレクター。またElm Labsのコンサルタント、ClearmaticsとBlockSeerのアドバイザーもしている。大手メディアへの出演、講演活動なども精力的におこなっている。2006年にテキサスA&M大学で修士号取得。

 

 

Moderator

ケンタ・タカモリ Kenta Takamori

SVJPエグゼクティブ・ディレクター

 

 


 

 

続きはSVJP会員のみ閲覧できます。

※パスワードをお忘れの方はこちら

※メールアドレスをお忘れの方は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。